授業風景

景観建築学専攻M1【景観建築設計総合演習B】

文化的景観と対峙しつつ共生する建築とランドスケープ

本課題の計画地は、茅葺屋根の民家と豊かな自然が織りなす文化的景観が残る京都府南丹市美山町です。重要伝統的建造物保存地区に指定された茅葺き集落と由良川を挟んで対面する河畔に、働く場や生活の場を求める、企業や個人のための魅力的なワークプレイスと関連する施設を計画します。また同時に、茅葺の伝統技術を継承するための施設や従前からの居住者も一緒に利用できる施設なども計画します。

第3週、第4週

2020年11月16日、18日、23日、25日

担当:米田教授、森山非常勤講師

縮尺1:300で敷地周辺地形の模型を共同制作